花池洋輝

(Vo.Ba.Dr)

桑原美穂

(Vo.Gt)


sa-yuu  (right and left are meant) is the band materialized with the sound which comes out from the two above-mentioned persons.

-2010年-

花池が中学時代に入手しすぐに弾かなくなったギターを物置で見つけ

楽器未経験の桑原に渡すことにより結成する。

 

主に自宅(ベッド内、風呂場)にて花池が考えた曲を桑原に電話で口頭伝達し

近所のスタジオにて演奏する。それを1年間続ける。

 

 

- 2011年-

ライブの仕方がわからず、スタジオで撮影した楽曲をyoutubeへアップする。

数ヵ月後、ネット上でそれらの楽曲を聞いたライブ企画者から誘いを受け

5月、阿佐ヶ谷GAMUSOにて初ライブを行う。

これを機に高円寺、新宿を中心にライブ活動を開始し 

5曲入りのデモ音源「左右」をライブ会場にて販売する。

 

 

-2012年-

近所のスタジオにて

「世界にひとつだけのオリジナルアルバムを作ろう!エンジニアが腕を振るいます!」

というポスターを見てレコーディングを申し込み、ミニアルバム『左右-EP』を完成させる。

 

野田努氏が編集長を務める音楽Webマガジン/雑誌「ELE-KING」にて

アルバムのロングレビューが掲載され「絶妙に踊れない変拍子」と紹介される。

 

突然段ボール主催「第8回深谷ロックフェスティバル」

PANICSMILE主催「Headache sounds SAMPLER live」

などのイベントに出演する。

 

 

-2013年-

自主制作シングル『イエローヘイト』をHP&ライブ限定で発売する。

PVに使用した蛙を桑原が飼い始める。

 

ライブを見に来た大手レコード会社のスタッフからCMオーディションに誘われる。

楽曲を送ったところ「華がない」という理由で落選し

小学5年生のガールズダンスグループがグランプリを受賞する。

 

オーストラリアの映像制作会社『VICE』からのオファーで同局の番組内にて左右の楽曲が使用され、YOUTUBEにアップしていた左右のPVのコメント欄が片言の日本語で埋まる。

 

イギリスの新聞「The Guardian」にて楽曲のレビューが掲載され、

英語で「左右のライブ中、観客はとても気まずい思いをしている」と書かれる。

 

左右Tシャツの販売を開始する

 

 

-2014年-

PANICSMILE吉田肇氏のコンピレーションアルバムに参加する。

 

英字新聞『JAPAN TIMES』にて「2014年日本の注目インディーズ5バンド」に左右が選出される。

 

フジテレビ「未来ロケット」にて左右が紹介され、出演者の増田貴久氏のファンから「まっすーを笑顔にしてくれてありがとうございます」というメールをもらう。

 

大喜利大会に呼ばれた花池が準優勝する。

 

 

-2015年-

 フルアルバムを作るため近所のスタジオを離れ、様々な方法での録音を試し

結局やりやすかった近所のスタジオに戻り

1stフルアルバム『スカムレフト スカムライト』を完成させる。

 

ZAZEN BOYSの向井秀徳氏から

「瀬戸内の鯛のような跳ね方しとるな」というアルバムの感想をもらう

 

秋葉原CLUB GOODMANにてCD発売記念ライブを行う。

帰路、桑原が借りた機材車を駐車場のポールにぶつけ、一日の売り上げが消える。

 

佐賀、福岡、熊本にて初の遠征ツアーを行う。

 

イベントで共演したeastern youthの吉野寿氏に「きみ達のCDいつも聴いてるよ」と言われ

CDをもう一枚差し出し「二枚はいらない」と言われる。

 

再び秋葉原CLUB GOODMANにて自主企画を開催する。

電車で帰宅する。

 

花池が大喜利イベントで優勝する。

 

 

-2016年-

初の大阪京都ツアーを行う。

 

秋葉原CLUB GOODMANにて3度目の自主企画を開催する。

出演してもらったヒップホップユニット「OMSB & Hi'Spec」

DJのHi'Specが花池の高校のクラスメイトだったことが判明する。

 

パスカルズ、元たまの石川浩司氏からのオファーを受け

石川浩司生誕祭にて初のセッションライブを行う。

 

札幌のバンド『喃語』からの誘いを受け

初の北海道遠征を行う。

 

eastern youth主催『極東最前線』に出演し

渋谷クアトロにてeastern youthとのツーマンライブを行う。

 

 

札幌のバンド『喃語』が東京に来るということで、都内でのライブを企画する。

夜のスケジュールが空いているライブハウスがなかったため

朝10:30にスタートするイベントを開催する。